So-net無料ブログ作成
検索選択
息子と将棋の話 ブログトップ
前の3件 | -

思春期大突入 [息子と将棋の話]

お前は本当に将棋を愛しているのか
お前には将棋に人生を賭ける覚悟があるのか

お前はなぜ将棋を指しているのか
お前にとって将棋とは何なのか・・・・・・・・


思春期である
瀬戸際である

続きを読む


前橋の濱田道場 [息子と将棋の話]

久しぶりに濱田道場へ行った。
息子を送っての帰り際、小学生風の男の子と母親が入っていく姿を見た。
後で聞くと、見学に来ていたお子さんらしい。

前橋近辺で子供に将棋を教えている教室はYAMADA電機の教室だけ。
初心者でも存分に指せる道場となると、事実上、ない。
あとは高崎まで足を運ぶかジュニア支部に入るか・・・・・

群馬では子供が気軽に入門できる教室は、とにかく少ない。

そういった話についてはアドバイスできる部分も少しはあるので、
少しでもお話できればよかったのですが、タイミングが悪かった。


それから、今日は埼玉から小学生の男の子が来ていたらしい(息子談)。
「何ていう子だった?」
「聞かなかった」
「え?対局しなかったの?」
「したけど?勝ったよ?」
「いや、勝ち負けじゃなく・・・・・」
と、相変わらず頓着しない息子・・・・・

ちゃんと挨拶して、お互いに名前ぐらいは交わしなさい。

第4回将棋教室名人戦に参加してきた [息子と将棋の話]

今年も参加してきました。
当然の名人戦クラス。

前回は予選落ちして、浮間舟渡公園でヒマつぶしをして帰ってきたっけか・・・・・

さて今回。
予選1回戦でI君に苦戦。
30秒将棋に入ってからも粘りまくったが、ミスの挽回ならず惜敗。
2回戦目以降は気持ちを切り替えて2連勝で予選抜け。
決勝トーナメントはくじ運もあってトントンと準決勝へ。

準決勝の相手は研修会で一階級上のK君(中学生)。
相性の悪くない手合いに息子は勝つ気マンマン。
この色気が不味かった・・・・・・
欲を出すと乱れる平常心。
優勢で押していたものの、終盤に相手の無理攻めを余し切れずに黒星。
(甘い!甘いぞ息子よーーっ!)

3位決定戦でS君を下すも3位で終了し、決勝には届かず。

続きを読む


前の3件 | - 息子と将棋の話 ブログトップ

当blog管理人へのメールは下記のフォームをご利用ください